noiroze_juken_man

1: 2019/02/11(月) 16:49:23.29 ID:w7i26hwr0


ジャガー横田の息子 中学受験は2勝7敗も…医学部持つ有名大学付属2校に合格

https://amd.c.yimg.jp/im_siggiNfJOArfkQ.o_kx6eXR7Ag---x600-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190211-00000043-dal-000-12-view.jpg
ジャガー横田

女子プロレスラーのジャガー横田(57)と医師の木下博勝氏(51)の息子・大維志くん(12)が難関中学を受験した結果が
11日放送の日本テレビ系「スッキリ」で発表され、2勝7敗だったが、医学部を持つ有名大学の付属中学に2校、合格した。


【写真】木下医師…妻・ジャガー横田が「言うことを聞かない」と嘆く

大維志くんは父・木下氏と同じ、医師を志望している。


1校目、医学部への進学者が多い埼玉の私立中学は300点満点で172点が合格ラインだったが、
「どっちかといえば難易度は低め。受かってるでしょう」と自信満々だったものの不合格。得点は125点だった。

大維志くんは「ウソでしょ?こんなに低いか?」と意外そうだった。


2校目、医学部を持つ有名大学の付属中学校は「そうでもない。(自信が無い?)まあ…」と自信なさげだったが合格。

「うれしくないですよ」と言いつつも笑顔を見せた。


3校目、本命の広尾学園本科は、3回チャレンジができる。1回目の合格発表は、ジャガーと共に向かい、不合格。

顔をしかめるジャガーの横で、大維志くんは無表情だ。ジャガーがインターネットで確認した2回目も不合格だった。


4校目、私立の中高一貫校も3回チャレンジできるが、全滅した。


最後の受験、広尾学園本科の3回目は定員20人に対し出願数465人、倍率23倍超という難関。

受験番号がなかった大維志くんは、「悔しい。受かってる子たちは俺より頑張ってた。努力不足」と認めた。


大維志くんは追加で急きょ、医学部がある有名大学付属中学の特進コースも受験し、合格。今回で一番の笑顔を見せて喜んだ。


続きを読む

▶続きはこちら