■2019/9/11 14:24 最終更新■

近鉄奈良線の富雄駅で9月11日、人身事故が発生しました。高校生が飛び込み自殺を図ったとみられています。

発表によりますと9月11日午前8時25分ころ、近鉄奈良線の富雄駅の構内で、快速列車と奈良市内に住む私立高校1年の男子高校生(15)が接触する人身事故が起きたということです。

この人身事故の影響で、近鉄奈良線は東生駒駅~大和西大寺駅間の上下線で運転を見合わせ、午前9時14分ころに運転を再開しました。なお、一部列車に大きな遅れや運休が出ています。

以下は、Twitterユーザーが人身事故現場の様子を撮影し投稿した画像です。

近鉄奈良線の富雄駅で人身事故が起きた現場の画像

画像出典:https://twitter.com/uni_EyuMafu/status/1171581501210685440/photo/1

富雄駅で高校生が飛び込み自殺を図った人身事故の現場画像

画像出典:https://twitter.com/yasu1223smile/status/1171583507040063488/photo/1

現場には大勢のレスキュー隊や救急隊らが駆けつけるとともに、男子高校生の救護活動が行われました。救護活動後、男子高校生は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、まもなく死亡が確認されました。

「バコーンってすごい音聞いちゃった」などという当時の現場情報がありました。



特急列車を運転していた運転士は警察の調べに対して「富雄駅を通過する際にホームから線路内に飛び込んだ。ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと説明しました。

これらのことなどから、男子高校生は進入してきた特急列車に飛び込み自殺を図った可能性が高いとみられています。

富雄駅のホームには規制線が張られるとともに、利用客らが心配そうに様子を伺い騒然としました。

Twitter上には「ドンって衝撃の後に電車が急停止した」「かつて人やったものを運んでる…」「ガラス片がすごくて遺体が線路から上がってきた」「ホームにガラスの破片が散乱してる」などと現場の情報に関するツイートが多数ありました。

現時点では、遺書のようなものが見つかったという情報はありませんでした。

奈良県警は男子高校生の家族などから話を聞くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

富雄駅で人身事故…Twitterでの反応
近鉄奈良線の富雄駅で電車と高校生が衝突する人身事故が起き、飛び込み自殺の可能性が高いことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。













人身事故現場(奈良県奈良市富雄元町)場所の地図
以下、男子高校生が飛び込み自殺を図った人身事故現場・奈良県奈良市富雄元町2丁目3-35「富雄駅」の地図(Googleマップ)。



▶続きはこちら