■2019/9/22 10:28 最終更新■

宮崎県延岡市で9月22日、台風17号の影響で竜巻が発生し大規模な被害が出ています。JR駅構内の鉄塔が倒れるほども突風が吹いた模様。

発表によりますと9月22日午前8時40分ころ、延岡市で大規模な竜巻が発生し、爆風で鉄塔が倒れたり車が横転するなどの被害が出たということです。

以下は、Twitterユーザーが現場の様子を撮影し投稿したものです。

宮崎県延岡市の鉄塔が竜巻で倒れている現場の画像

画像出典:https://twitter.com/yanayuu0302/status/1175555514421276672/photo/1

延岡市で大きな竜巻の爆風で車が横転している現場の画像

画像出典:https://twitter.com/yanayuu0302/status/1175555514421276672/photo/1

「窓ガラスが割れた」「竜巻で屋根が飛んでいった」などという被害報告も多数ありました、現時点ではけが人の有無については不明。



また、延岡市内では大規模な停電も発生しており、信号機などが機能しておらず混乱状態になっているということです。

Twitter上には「竜巻が通過したけど爆風がヤバかった」「屋根が飛んでいちゃった…」「近所の建物が倒壊してた」「竜巻凄かった!!マジで死ぬかと思った」などと当時の現場の状況に関するツイートが多数ありました。

延岡市周辺にお住まいの方々は今後の天気予報などを確認し、十分にご注意ください。

延岡市で大規模な竜巻で被害多数…Twitterでの反応
宮崎県延岡市で台風17号の影響で竜巻が発生、爆風で大規模な被害が出ていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。
















竜巻発生場所(宮崎県延岡市)場所の地図
以下、竜巻の爆風で被害が出ている場所・宮崎県延岡市の地図(Googleマップ)。



▶続きはこちら